高気密住宅にDUTCHWEST FA265を設置しました。

高気密住宅にDUTCHWEST FA265を設置しました。2018-11-14T17:49:59+00:00

Project Description

施主名:I邸 (新潟市2018.8月施工)

モデルタイプ:DUTCHWEST FA265(外気導入なし。高気密住宅の設置不可)
オプション:ウォーミングシェルフ、ストーブパイプオーブン

DUCTHWEST FA265

炉台は安田瓦の陶板を敷設、炉壁は雪国科学の赤外線照射壁“RAYWALL®”で仕上げているので安全性に加えて暖房効果が高まります。

お施主様曰く…
「高気密住宅にもかかわらず、薪ストーブの背面に吸気口を開けた、という暴挙!」
とのこと。

高気密住宅には専用のオプションが取り付けられる高気密住宅に対応する機種を選ぶのが一般的です。
しかし、このDUCTHWEST FA265は通常、高気密住宅には設置ができない機種なのですが、薪ストーブを知り尽くしたお施主様は、新築にあたり当初からこのDUCTHWEST FA265の導入を予定され、夢に描いた暖かく快適な薪ストーブライフのために、この「暴挙」に出られたのだそうです。

DUTCHWEST FA265

薪ストーブDUTCHWEST FA265
ウォーミングシェルフを取り付けて、ストーブトップを広々使うことができます。 ストーブパイプオーブンでは、しっかり暖房をしながらオーブン料理を楽しめます。

ストーブトップには鍋や鉄瓶が置かれ、ストーブパイプオーブンにはピザでしょうか、11月から焚き始めたI様ご一家ですが、すでに使いこなしているようですね。
娘さんはオブジェだと想っていた丸太は、焚き付けを割る台。
薪入れには茶箱を使用し、「木くづが落ちなくて良い」とのことです。

炉台を広く作ったので、薪のストック、必要な作業がこの炉台の上で完結できるというのはよいですよね。
写り込んでしまった黄色いスプレーからは、壮絶な闘いが繰り広げられているのだろう….と想像できますね(^_^;)

2×4ログラック

2×4ログラック。2×4材を使って薪置き場のスペースに合わせて自由に幅を変えることができる便利な薪棚です。 高さも変えることができるので、大容量の薪をストックすることができます。薪棚に屋根を付けて、雨、雪対策もバッチリですね!

I様、どうぞ楽しい薪ストーブライフをお過ごしください。

施工実績カテゴリ