見えない光の断熱で一年中快適な住まいへ

赤外線バリア2018-10-03T15:57:02+00:00

省エネのキーワードは「赤外線」

①赤外線反射断熱材【AIR IN】

過酷な宇宙空間に対応する宇宙服では、驚異的な熱反射力を持つ特殊なアルミが使われています。 赤外線反射断熱材【AIRIN】は、その技術を応用して開発された住宅用断熱材です。屋根や壁などの断熱材として【AIRIN】を使い赤外線の反射構造を作ると、わずかな冷暖房だけで、夏涼しく、冬暖かい理想の住空間を実現します。

②特殊セラミック壁【RAY WALL】

「レイウォール」とは、赤外線の再放射に優れているムーンセラミックを使った塗り壁用の塗料です。水でのばせば素人でも塗ることができます。この「レイウォール」を壁や天井に使うことで、室内の暖房熱を幾度となく放射し続け、暖かさが降って戻ってくるようにお部屋を隅々まで暖めてくれます。

③雪国科学は日本一の赤外線技術を持つ会社です

新潟県に存在する日本一・世界一の企業を選出する「モノ・クリエイト」。その企画に、名だたる名門・大企業と肩を並べ、2回連続で選ばれました。雪国科学が日本一の赤外線技術を持つ会社であるという証です。

赤外線バリアの家

特殊セラミック壁《RAYWALL》と赤外線反射断熱材《AIRIN SP.LSP》シリーズで一年中快適でエコロジーな家。それが赤外線バリアです。冬はレイウォールが暖房熱を再放射し、壁の中の断熱材《AIRIN》がまた反射する。さらにレイウォールにより再放射され...と、止めどなく繰り返される赤外線のリサイクル。これにより少ない暖房でお部屋の隅々まで暖める事ができます。夏は《AIRIN》が太陽の照り込みを反射しシャットアウト。暑さを跳ね返し家の中は涼しく快適にし、冷房の運転時間を短くする事ができます。赤外線バリアを用いた「光」気密住宅なら、住宅の革命とも言われる驚きの省エネ性能を発揮します。例えば、同じ薪ストーブでも、従来の2倍80坪もの住宅さえ余裕で暖めてしまったり、40坪の住宅を10帖用のエアコン1台だけで快適な夏を過ごしたり...etc